コロナ関連



1 パンナ・コッタ ★ :2022/05/03(火) 20:44:00.25

ニュージーランド・オタゴ大学の心理学者であり、約50年にわたり続けている健康や発達に関する長期調査「ダニーデン研究」のディレクターでもあるリッチー・ポールトン氏らの研究チームは、ダニーデン研究の参加者が持つワクチンへの抵抗感についての研究を行いました。

研究チームがアンケート結果を集計した結果、回答者の約13%が「ワクチン接種を受ける予定はない」と答えていました。そして、ワクチンに対する抵抗感がある人とない人の幼少期の生活を比較したところ、ワクチンに抵抗感がある人の中にはネグレクトを含む虐待を受けていたり、貧困家庭だったり、親がアルコール依存症だったりと、幼少期に不利な経験をしていた人が多いことが分かりました。

この結果について、ポールトン氏らは「ネガティブな子ども時代の経験は、生涯にわたる権威への不信感を抱かせ、『いざという時は自分だけが頼り』という信念を植え付けることになったのでしょう」と推測しています。

1972年にスタートしたダニーデン研究の参加者らは、記事作成時点ではちょうど50歳前後ですが、幼少期の経験の影響は早い時期に現れています。参加者が10代の時に実施された調査では、「自分は何者かに脅かされている」と誤認識しやすい傾向が見られたほか、大人になるにつれて陰謀論への傾倒を始めとする精神衛生上の問題を経験する割合が増えていきました。

また今回の分析では、ワクチンへの抵抗感がある人の中には幼少期から認知能力に問題があった人も見られたとのこと。具体的には、高校生時代に読書が苦手で、国語の理解力や処理速度に関するテストのスコアは低めでした。「長年にわたり認知力が欠けていれば、誰だって健康に関する複雑な情報を理解することは困難なはずです。このような理解力の低さと、ワクチンに抵抗感がある人によくある極度にネガティブな感情とが結びついたとき、医療従事者には不可解なワクチンへの考え方が形成されるのではないでしょうか」と、ポールトン氏らは指摘しました。

https://gigazine.net/news/20220503-vaccine-resistance-negative-childhood-experiences/


【反ワクチン派になる人は「悲惨な過去」を持っている場合が多く、認知能力に問題】の続きを読む



1 かわる ★ :2022/04/09(土) 19:05:45.58

 2021年には、新型コロナのmRNAワクチンを接種直後に、こうしたしもやけに似た症状を呈した例が一部で確認された。「幸いにも、これはまれなケースです」と、フリーマン氏は言う。「でも、ワクチン接種後に、一部の人にウイルス感染時と同様のインターフェロン応答が出る可能性は否定できません」

 また、「コロナのつま先」はウイルスと無関係であり、パンデミック下の行動様式に関連する要因も存在するのではないかと考える研究者もいる。米エール大学の免疫学者、岩崎明子氏は、ステイホーム期間中に靴下や靴をあまり履かなかったことが、パンデミック下で一部の人がしもやけになった原因かもしれないという。だが、「この件については、さらに分析が必要です」と同氏は話す。

「コロナのつま先」に対する新型コロナウイルスの明確な関与が確認できるまで、両者の関係は推測の域を出ない。「まだ未解決の問題が山積しています」とアーキン氏は話す。「答えよりも謎のほうがいまだに多いかもしれません」
https://news.yahoo.co.jp/articles/a5b9b280052d247fda0f47c96cc004ab332701f4?page=3

コロナ禍で「帯状疱疹」急増 ストレス影響か…ワクチン接種後かかるケースも

■新型コロナワクチンと関係は…

 また、新型コロナワクチンを接種した後に、帯状疱疹が出たというケースもあるといいます。

 新型コロナワクチン接種後に帯状疱疹にかかった男性(30代):「(2回目の) ワクチンを打ってから、胸のほうに出て。病院に行ったら、帯状疱疹と言われた。呼吸する度に痛かったので、1週間、会社に行けなかった」

 男性は薬を処方してもらい、症状は治まりましたが、現在も、体には痕が残っているといいます。

 新型コロナワクチンの接種と帯状疱疹の関係については…。

 近畿大学医学部 皮膚科学教室・大塚篤司主任教授:「きっちりと、科学的に証明されているわけではない。ただ、コロナワクチンを打った患者さんの10%くらいが、帯状疱疹のヘルペスウイルスが再活性化するんじゃないかという論文は出ている。海外での症例報告も多く出ている」

 ただ、帯状疱疹には治療薬もあり、感染後のリスクを比べれば、まずは新型コロナワクチンをしっかり接種することが大切だということです。

https://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000250697.html


【【新型コロナ】検査は陰性なのに・・・奇妙な「しもやけのつま先」「帯状疱疹」急増中、mRNAワクチンを接種直後に確認も】の続きを読む



【ABC特集】女子中学生が歩行困難に 国はまだ認めていない“ワクチン後遺症”  接種後に長期間の体の異変 子どもへの接種の是非
 新型コロナのワクチンを接種した後に、長期間の“体の異変”に悩まされている人がいます。数日以内に症状がおさまる「副反応」とは違い、1か月以上症状が続くという“ワクチン後遺症”・・・その実態を取材しました。

 兵庫県尼崎市内にあるクリニック。21歳の男子大学生は、本人の意思とは関係なく体が動いてしまう不随意運動(ふづいいうんどう)に、9ヶ月間悩まされています。

(医師)「脳の炎症なんですよ。それで不随意運動が起きる。元々は元気に普通に暮らしていたね?学生やから」
(母)「はい」

 男子大学生は去年6月に、1回目の新型コロナワクチンを接種。打って5分ほどした後に吐き気と震えに襲われ、その日の夜から不随意運動が始まったといいます。この病院にはほかにも、男子大学生のようにワクチン接種後、長期間、体の異変が続く、“ワクチン後遺症”に苦しむ人がいるといいます。

 こちらは、14歳の中学2年生の少女。

(医師)「歩いてみて。あ~すり足やな~。はい、後ろ!これ、すり足や。バランス悪いからすり足になるんです」
(父親)「これでもだいぶ良くなった」

(医師)「学校に半年間、行けてない?。めまいみたいなのはする?ふわふわ?」 
(少女)「ううん」 
(医師)「ない?良かった」

 少女は去年10月、1回目のワクチン接種を終えた6時間後に体が硬直し、一時は歩けなくなりました。小さい頃から続けていた水泳も出来なくなったといいます。

(医師)「ワクチン打つまでは学校に行ってたんやな?」
(少女)「うん、毎日」
(医師)「泳いだ?」
(少女)「うん、泳いでた」..

【日時】2022年03月31日 20:13
【ソース】ABCニュース

【【ABC特集】女子中学生が歩行困難に 国はまだ認めていない“ワクチン後遺症” 接種後に長期間の体の異変 子どもへの接種の是非】の続きを読む



NO.10215359
“オミクロン後遺症”患者が急増 治療する都内クリニックは
“オミクロン後遺症”患者が急増 治療する都内クリニックは
新型コロナウイルスの新規感染者数の減少が緩やかな状況の中、オミクロン株の後遺症に悩む人が急増している。

治療に取り組む東京都内のクリニックを取材した。

渋谷区の「ヒラハタクリニック」の新型コロナ後遺症外来は、先週、およそ350人の患者を診察した。

患者は、1月下旬から、およそ1.5倍に増えている。

40代患者「すぐ疲れるので、朝起きて、洗濯とかはできるけど...」

医師「続けてやったら調子悪くなる?」

患者「(動けるのは)午前中だけで、午後熱が出るとか」

1月下旬にオミクロン株に感染したとみられる女性は、自宅療養中は、風邪のような症状だった。

しかし、発症からおよそ10日後に、胸の痛みなどの症状が出始め、いったんは仕事に復帰したが、現在は、休職を余儀なくされている。

40代女性「(職場復帰して)4日目、いきなり職場でつらくなっちゃって。本当に立てなくなって、早退をお願いして、耳とか聞こえてるし、頭も(意識も)あるんだけど、動けなくなるんですよね、それが結構こわくて」

平畑院長は、感染後は、強い倦怠(けんたい)感に襲われるなど、短期間で症状が悪化したり、長引くこともあるため、後遺症を訴える人への理解を呼びかけている。

ヒラハタクリニック・平畑光一院長「筋痛性脳脊髄炎や、慢性疲労症候群に非常に近い状態まで、一気に2週間でなってしまっているということが見られています。オミクロン株(の症状)が軽いというのは、最初だけの話であって、その後、どうなるかっていうのは、全然別の話になりますので、やはり感染予防をしっかりしていく必要があると思います..


【日時】2022年02月28日 12:36
【ソース】FNN

【“オミクロン後遺症”患者が急増 治療する都内クリニックは】の続きを読む



1 記憶たどり。 ★ :2022/02/19(土) 18:47:05.93

https://news.yahoo.co.jp/articles/20d44be4a003e88164be0b38a69120b095b4e48b

堀内詔子ワクチン接種推進担当相は19日の読売テレビ番組で、
新型コロナウイルスワクチンの3回目について、スピード優先で接種するよう呼び掛けた。
モデルナ製を敬遠する人がいることを念頭に「効果、安全性はほぼ変わりはない。
選べる方のワクチンで、どんどん打っていただきたい」と強調した。

近く始まる5~11歳への接種に関し「安心して接種できる環境をつくりたい」と語った。

兼務する五輪相のポストが3月末で設置期限を迎え、連動しワクチン相の退任も
取り沙汰されることに関しては「安定的に1日100万回打てる体制づくりにまい進している」
と述べるにとどめた。

前スレ
http://asahi./test/read.cgi/newsplus/1645258863/
1が建った時刻:2022/02/19(土) 17:21:03.39


【【ワクチン】3回目接種「どんどん打って」。堀内ワクチン担当相】の続きを読む

このページのトップヘ